バンクーバーおすすめの旅行プラン一人旅、女子旅シニア旅まで!

シニア、女子旅一人旅のバンクーバー旅行を楽しくする方法!

サイトに訪問いただきありがとうございます!
こちらのサイトへこられたということは、現在バンクーバー旅行や留学を考えていらっしゃるんだと思います。

 

このサイトでは、私が過去に語学留学→ワーキングホリデで現地に滞在し、いまでも大好きなこの街に年に2回は訪れる経験を元に一人旅,女子旅,そしてシニアの旅行も安全にバンクーバー旅行を楽しくする方法を紹介しています。

 

初めてバンクーバーを訪れる人も、これから行こうと考えている人も、そして何回か既に行ったことがある人にとってもおすすめの旅行プランやその他の情報満載ですので、少しでもバンクーバーの魅力が伝わればと思っています。ぜひ参考にしてくださいね!

 

バンクーバー,おすすめ,一人旅,観光

 

仕事で行く人もいれば遊びに行く人、自然を求めて癒されに行く人、目的によってそれぞれ楽しみ方も違いますよね。

 

今回は一人旅で行っても思う存分楽しめるところを中心に記事を書いていきます!
一人で楽しめるということは別の見方をすれば、家族やカップル、友達と行ってもきっと楽しめるはずですから!

 

 


 

 

今回は別の視点から一人で旅行しても楽しめる方法を中心に紹介していきますね!

 

●行きたい場所ややりたい事が決まっている目的のある旅
●フラッとただただゆっくりしたい目的のない旅
●そして仕事で訪れるひと思いっきり遊びたい人

 

たくさんの視点で楽しめるのがバンクーバーなんです!

 

格安航空券

バンクーバー,おすすめ,一人旅,観光

日本からバンクーバーにはたくさんの航空会社が飛んでいます。エアカナダからJALももちろん、直行便や経由便など目的と予算に合わせて選びましょう!

≫バンクーバー行き格安航空券の探し方

ホテル検索

バンクーバー,おすすめ,一人旅,観光

バンクーバーには3000前後のゲストハウス(バックパッカーの宿)や1万円前後のホテル、そして5万代の高級豪華ホテルなど滞在施設がたくさんあります!おすすめのホテル選びのサイトを紹介!

バンクーバーのホテル探し

【注目】オプショナルツアー

バンクーバーには見所がいっぱい!ウェールウォッチングやロッキー山脈、オーロラツアー。そしてエステオプショナルもあります。ここでしか出来ないオリジナルのツアーを探すならこちらです!

≫バンクーバーオプショナルツアー

【おすすめ】パッケージツアー

バンクーバー,おすすめ,一人旅,観光

一人旅の場合は「ホテル」と「格安航空券」の個人自由旅行がおすすめですが、二人以上1週間以内の場合は航空券とホテルのセット、パッケージツアーがおすすめ!格安で豪華ホテルにも泊まれます!

≫バンクーバー格安ツアーの詳細

 

バンクーバーはゆったりと英語を学びたい人にはおすすめ!

バンクーバー,おすすめ,一人旅,観光

東京とは打って変わり、自然あふれるバンクーバーは銃の所持が禁止されており、北米の中でも安全な街として有名です。もちろん日本と同様に危険な地域もありますが、常識の範囲で気をつければ海外といっても安全に旅行を楽しむことが出来ますよ!

 

そして、ゆったりとした環境で英語を学びたい人にはおすすめの街です。バンクーバーは語学学校も多く更に多民族国家。主に英語が公用語ですが、カナダの一部がフランス領土だったこともありフランス語が話せる人が多く、販売されているパッケージには英語とフランス語表示があります。

 

そのほか、中国人の移民も多く、みんな何カ国語も話せて3、4カ国語なんて当たり前です。なので、英語はもちろんそれ以外も学ぼうと思えば学べる環境がこの街にはあります。

 

バンクーバーは自然、ショッピング、食全てのバランスが取れた街

バンクーバー,おすすめ,一人旅,観光

さて観光スポットですが、こちらも数多く楽しめます。バンクーバーは

 

・自然
・ショッピング
・食

 

全てのバランスがよく、世界でも住みやすい街としても有名です。交通アクセスも良いのでシニアの一人旅にも人気です。

 

また、日本ではありえないほど大きい公園スタンレーパークは海沿いに面しており、ネイティブインディアンが作ったトーテムポールを見ることができ、手で触れることもできますよ!とても神秘的でそこで過ごすだけで、日本の喧騒を忘れさせてくれます。

 

さて観光スポットですが、こちらも数多く楽しめます。アメリカの人気ドラマシリーズ、バンパイアトワイライトセガや、あの人気映画エイプス、その他人気ハリウッド映画の撮影などに使われることが良くある町並みは、見ているだけでテンションあがります。

バンクーバーの見どころの一つに、広大にそびえたつカナディアンロッキーの登山やトレッキングなどがあります。人生で一度は訪れてみたい!と人気の観光スポットでもあります。でも疑問もたくさん!

 

何月ごろがベスト?
どれくらいの期間行けばいい?

 

というこでカナディアンロッキーの観光についてまとめてみました!

 

カナディアンロッキーへ行くベストシーズンは?

 

カナディアンロッキーへ行くベストシーズンはいつごろなんでしょうか?

 

カナダという国は日本よりも北緯がずっと高い所にあるので、観光で足を運ぶときには天候や気温には十分に注意しなければいけません。

 

海外旅行というと、非日常的な空間や時間を過ごすことができるので、寒いとか暑いのも思い出のうちなんて軽く考えてしまいがちですが、カナダでは冬の最低気温はなんと氷点下30度になってしまうこともあり、十分な防寒具を身につけていても寒いぐらいの気温になります。

 

美しいカナディアンロッキーを満喫したい人は、気温が比較的暖かい夏のシーズンに観光するのがおススメです!トレッキングや登山などは夏の方が楽しめますし、初心者でもチャレンジしやすいシーズンなので良いですよね。それに、カナダの北部に行けば夏でもオーロラを見ることができるので、カナディアンロッキーとオーロラを堪能するたびというのも良いかもしれませんね。

 

カナディアンロッキーの観光シーズンは夏全般となっていますが、その中でもおすすめなのは6月の上旬と9月の半ば頃と言われています。

 

9月は黄金の色に染まる紅葉も楽しめる!!

 

6月に入るとバンクーバー周辺でも気温が高くなり湖の氷などが少しずつ溶けだします。溶けたばかりの水は透明度がとても高く、その美しさは一見の価値がありますよ!また、9月に入るとカナダでは紅葉の季節に突入します。日本のように赤やオレンジに染まる樹木は少ないのですが、ポプラなどが黄金色に染まる眺めは絶景です。日本とは少し違う紅葉を楽しみたい人なら、9月がオススメですね。

 

旅行の日数はどれくらい見ておけばよい?

 

旅行の日数ですが、日本からのツアーを利用すると、1週間ぐらいのものが多いですよね。何をしたいかによってどのぐらいの日数が必要かは異なりますけれど、本格的な登山をするのでなければ1週間ぐらいでもOKだと思います。10日ぐらいあれば、トレッキングを楽しんだり、オーロラを見たり、ショッピングなども楽しめるので、けっこうバンクーバーを思い切り満喫できるかなと思います。

 

7〜10日間あれば楽しめる!

 

旅行前は事前にしっかり計画をたてよう!

仕事との調節もありますから、限られた時間の中で思い切りたくさんのことができるように、事前にしっかり計画を立てるのがコツだと思います!!
特にアレもしたいこれもしたい、となると体力的に疲れてしまって、肝心なオーロラを見れなかった、、登山できなかった、、とならないように余裕を持って計画してみくださいね!!

 

今回は海外旅行保険についてまとめてみました!私もいつもうっかり忘れそうになって、あわてて空港で入る事が多いです。

 

海外旅行に出かける時には、どんなパッケージを選ぼうかなとか、旅先ではこんなところに行ってみたい!と期待に胸が膨らんでしまうことが多いですよね。

 

でも皆さん、旅先でもし病気とか怪我になったらどうしよう?と考えたことありますか?

 

意外と心配する人はそれほど多くありませんし、薬を持参すれば大丈夫かなと思っている人もたくさんいるものです。

 

でも、海外旅行ではもしも病気になったり怪我をして入院しなければいけなかったり、そこまでではなくても病院に行かなければいけない事態が起こらないとも限りません!

 

海外旅行保険が保障してくれる主な内容

 

  • 航空機遅延費用
  • 病気や怪我、入院費用
  • かばんなどの盗難
  • 相手を傷つけてしまった損害賠償

 

 

そんな万が一のための安心材料となってくれるのが海外旅行保険です。

 

必ず加入しなければいけないタイプの保険ではありませんけれど、安心感のために旅行期間中は加入することをおすすめします。私も一度バンクーバーでバッグの引ったくりに合い、現金以外の全てが全額保障されたことがあり、本当に入っててよかった!とつくづく思った経験があります。

 

それからは友達にも家族にも、必ず入るように薦めています!

 

 

空港で入る海外旅行保険加入方法は2つある

 

あらかじめネットなどで探して加入する方法もありますし、空港で入る方法もあります。

 

空港で海外旅行保険に加入する方法は大きく分けて2つあります。

 

保険会社窓口のカウンターで加入する方法

 

バンクーバー,海外旅行保険,空港で入る,安い,金額 

空港にある保険会社窓口です。出国前に誰でも入れるように大きなカウンターがあり、大手の保険会社が2社ほどならんでいます。

 

事前に加入しておく方法と比べると料金面では少し割高になってしまいますが、保険会社が海外に特化したおススメするセットプランに加入できるので、補償内容という点では自分ではそれまで知らなかった新たな発見があり、最低限の保障プランも選べます。

 

 

保険会社の自販機で加入する方法

 

バンクーバー,海外旅行保険,空港で入る,安い,金額 

うっかり空港内で購入するのを忘れてしまっても、セキュリティーチェックが終わり、搭乗口ゲートまえに幾つか自動販売機があるのでそちらで購入することが可能です。わたしもギリギリで空港に着いたとき、何度もお世話になりました。笑

 

ただし、自販機についてはパッケージ加入になっていて、自分で保障を選べないので、個人的には空港の海外保険会社のカウンターがおすすめです。

 

 

空港で海外旅行保険に加入すると高い?安い?

 

空港で海外旅行保険に加入すると高いのか安いのか気になりますよね。

 

まず、空港で入る方法カウンターか自動販売機はどちらもそれほど金額面で大きな差が出るわけではないので心配いりません。

 

 

でも、少しでも安い海外旅行保険に入りたいならネットでの加入もおすすめです。

 

金額が安いのはあらかじめネットでリサーチして事前に加入しておく方法で、必要な補償だけをピンポイントで選んで加入できるので、無駄を省いた補償をつけることができるので結果安く押さえることが出来ます。

 

1円でも安い保険に加入したいという人は、事前にしっかりと補償内容や保険料金を比較しながら商品選びをするのがおススメです。

 

 

手軽さでいうなら空港での加入方法がおすすめ!

 

旅行直前にサッと空港で申し込んで加入する方法は、手軽さという面では大きなメリットがあると思います!

 

また、出発直前で申し込める保険は、結構規模が大きな保険会社だったりすることが多いですし、現地からの連絡先などもしっかりと記載されている保険証明書をそのまま旅先に持参できるので、万が一の時にサッと行動しやすくなるというメリットもあると思います。

 

事前に加入しておくと、加入したことで安心してしまい、肝心の旅行に保険証明書を携帯せずに自宅に置き忘れてしまうことが起こる場合もあるので、意外と空港ではいるのが簡単かもしれません!

 

バンクーバー,短期留学,シニア,英語圏

カナダのバンクーバーって家族旅行とか新婚旅行先としても人気が高い場所なのですが、シニア世代の留学先としてもかなり人気が高いってご存知ですか?

 

近年では、老後を海外で過ごすとか、時間を気にせずにのんびりできる定年退職後に、夫婦で海外旅行を楽しむシニア世代が増えていますが、英語を学びに世界各国へ行く、シニア留学が人気にだそう。

 

50代から定年退職した世代まで、ここバンクーバーがそんな彼らの語学を学ぶ街として選ばれているんです。

バンク-バー,コスメ,マック,免税店

お土産を購入するときって、女性のお土産に悩みますよね。そこで一番喜ばれるのがコスメです。バンクーバーの国際空港の免税店では色んなコスメが免税価格で販売されています。そのブランド数は50以上。中でもカナダのコスメブランドでマック(M.A.C)は、日本でも女性から大人気のブランドです。

 

日本で買うより安く買えて、女性なら誰もが知っているのこ化粧品をお土産に購入すれば喜ばれること間違い無しです。グロスやリップなど、カナダ限定のものもあります。彼女にお土産やプレゼントとして購入予定の方は、日ごろ使ってそうな好みの色をチェックしておきサプライズであげれば喜ばれるはずです!

カナダのバンクーバーには、たくさんの種類のホテルがあって、料金も様々です。

 

5つ星のホテルだと、痒い所に手が届くようなサービスが充実していますけれど、値段がとても高いので、バンクーバーに長期滞在し格安で旅行を楽しみたい人にとってはハードルが高いですよね。

 

できるだけ料金を抑えて格安に泊まりたいという人には、ベッドアンドブレックファスト(B&B)呼ばれるリーズナブルなホテルがおすすめです。これは、寝るためのベッドと、簡単な朝食を提供してくれる宿泊施設のことで、世界中からバンクーバーに訪れるバックパッカーたちも利用しています。

 

 

食費節約!ベッドアンドブレックファストの魅力は?

 

このベッドアンドブレックファストの魅力は、なんといっても名前の通りブレックファスト(朝食)が提供されること。
ホテルとかモーテルだと、大体朝食なんかはついていないことが多いので、出かける前にどこかに立ち寄って腹ごしらえをしなければいけません。わざわざ外に食べに行く必要がないという点はかなり嬉しいですよね!

 

ベッドアンドブレックファストならサッと朝食を食べた後ですぐに目的の場所へ出かけられるので、時間の節約にもなりますし、朝食代は宿泊費に含まれているので、旅行中の食費を節約することもできます。

 

それに、とってもカジュアルな雰囲気で食事を提供してくれるオーナーと会話をしながら現地の様子を知ることができて、なんとなくバンクーバーでホームステイをしているような気分になれるかもしれません。現地でしか手に入らない情報もこういったコミュニケーションから生まれるので、バックパッカーが選ぶ宿としてベッドアンドブレックファストは人気があるのが分かります。

 

 

バンクーバーにはバックパッカーにおすすめの施設がたくさん!!

 

バンクーバーには他にもバックパッカーが一日数千円ほどの格安で宿泊できるモーテルとかホステル、バックパッカーズみたいな施設がたくさんあります。

 

カナディアンロッキーなんかもすぐ近くにありますし、世界中からバックパッカーたちが身軽に旅行を楽しみやすいエリアなので、いろんな所に泊まりながら、違いを楽しんだり、ほかの国からの宿泊者とコミュニケーションを楽しむのもアリかなと思います。

 

女性の一人旅にはやはりB&B

 

ただ、女性の一人旅だとやっぱり心配なので、宿泊費はモーテルとかホステルにくらべ少し上がりますがベッドアンドブレックファストB&Bの方が安心です。(上がるといっても数千円ほど!)

 

もちろん犯罪とか盗難のことが心配な人もやっぱりベッドアンドブレックファストの方が安全でストレスなく泊まりやすいと思いますよ!

 

こうした格安の宿泊施設は、もちろん1泊だけでもOKですし、連泊するのもOK。ただ、宿泊人数が限られていて、オーナーが食事の準備をしてくれるベッドアンドブレックファストタイプだと、その日に駆け込みで宿泊というのはNGになっている場所も多いので前もってネットから予約しておくのが良いと思います。

 

バンクーバー,おすすめ,オプショナルツアー,人気,ランキング

バンクーバーのオプショナルツアーはかなり充実しています。

 

JTB,HIS,日本旅行から予約でき、食べ歩き、ショッピングから日帰りツアーまで200近くのオプショナルツアーがあります。一番の人気はシアトル1日観光とアウトレットショッピングツアー。事前に予約をしておけば言葉の心配もありません。もちろん、ガイドつきのツアーもありますよ!

 

しかも直前の予約も大丈夫なんです。見ているだけでワクワクしてきますよね!!やっぱり行っておけばよかったーと後で後悔しないように、ゆっくり選びましょう。
ぜひ参加しておくべきおすすめツアーを人気順にまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

バンクーバー,,ツアー,格安,JTB,日本旅行,HIS,DeNA

日本には色んなツアー会社がありますが、探しているとどれも同じように見えてしまいますよね。。関西、成田、福岡、そして羽田の全国からツアーは出ています。

 

今回はバンクーバー格安ツアーの選び方のコツをご紹介いたします!

 

通常であれば一人部屋料金がプラスで加算されるおひとりさま旅行。最近では一人旅のパッケージツアーも販売されています。航空会社もいろいろ選べますよ!ちなみにお盆、年末、クリスマスは混むので早めに予約しましょう!

 

では早速おすすめツアー会社ランキングの紹介です!

バンクーバー,JAL国際線,ANA国際線,機内食,時間

いざ空港へついたとき、時間帯によってはお腹が空いていて空港で原越しさえするべきか、どのくらい食べるべきか悩むときありませんか?

食べ過ぎてせっかく楽しみにしていた機内食が食べれなくなるのも嫌ですよね笑

 

ということで計画的に食事をしておきたい方へ、ANA,JAL国際線の機内食がでる時間帯を調べてみました。
ぜひ参考にしてせっかくの機内での食事を思う存分楽しんでくださいね!

エアカナダ,成田,バンクーバー,機内食

日本からもJALやANAが乗り入れていますが、私が特に気に入っているのは成田発のエアカナダです。

 

成田からバンクーバーに飛ぶには、カナダの玄関口とも言われているバンクーバー国際空港を利用することになります。この空港はたくさんの国際線が乗り入れている大規模な空港で、世界中にたくさんある空港の中でも「もっとも居心地が良い空港」ランキングの8位に輝く実績を持つ快適な空港となっているのが特徴です。

 

機内食って割と好き嫌いがはっきり分かれるタイプの食事だと思うのですが、私はけっこう好きで、その中でも特にこのエアカナダの食事は、毎回食べる前に写メを撮ってしまうほどです。

 

 

バンクーバー,エアカナダ航空,マイル

カナダ最大の航空会社であるエアカナダ航空。チェックインもスムーズで人気です。

 

日本からは成田からのみバンクーバーへ飛んでいます。

 

スターアライアンスメンバーのANA(全日空)が加盟しているスターアライアンスのマイルも貯まります。機内食の評判も良く、サービスも良いと評判です。ただ、口コミを見ていると日本人の私たちがサービスを期待しすぎるとがっかりする点もあるかもしれません。ただ、海外の航空会社の中では平均的に評価は良いほうだと思います。


 
TOP 格安航空研券 ホテル検索 格安ツアー カナダ情報ランキング